外反母趾に効果のある治療方法

足の痛みと関節の変形というのが外反母趾の特有の症状ですが、この症状を改善する基本的な方法として中足関節の固定が挙げられます。

スポンサードリンク

昼間活動する時間帯には、医療機関や市販されている外反母趾用のサポーターを着用して、眠る時間帯にはサポーターを外して休ませるといった事が大切ではないでしょうか?
しかし、夜寝ている時間帯にも着用しても負担が少ないように、素材の柔らかいものや薄いタイプのテーピングやサポーターが最近では販売されているようです。

もし、外反母趾になってしまった場合、手術をした方がよいのか?治療方法はないのか?と考えるよりも、まずこのように日常生活の中で自分でもできる方法から始めてみてはどうでしょうか?
ただし注意しなければいけないのは、中足関節を固定する際には強く固定せず少し弱めに固定して日常生活を送る事が大切です。

固定する場合は、テーピングを使用して行いますが、固定する前に足の指の運動となる「グーパー運動」を行ってからが良いでしょう。
このグーパー運動というのは、足の指を揉み解す事で血行を良くして指を動かせるようになる為に行う運動の事です。

グーパー運動をする場合、足の指をグーにする時に中足関節から思いきって曲げ、パーにする時に足の指が反らないようにしましょう。
最初は、このグーパー運動を行って足が攣ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、コツを掴んで何度も行っていけば足の筋肉もつき動きにも慣れてくるでしょう。

外反母趾に効果のある運動なので、是非頑張って行ってみましょう。

ただし、痛みなど辛いすぎる場合は決して無理はしないで止めて、ゆっくりと行うようにしてください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

外反母趾 親指の痛みを軽減させる方法
辛い足の痛みというが外反母趾のイメージですが、実際に足の親指や薬指の関節が痛むと......
女性に多く見られる外反母趾
女性に多いと言われる外反母趾ですが、何故女性に多く見られるのでしょうか? それは......
外反母趾 人差し指の痛みを軽減
外反母趾による人差し指の付け根の痛みに悩んでいる人も多いでしょう。 足の親指の痛......

▲このページのトップへ