足底板による外反母趾治療

外反母趾になってしまうと、靭帯が伸びてしまうため足の裏のアーチ形が崩れてしまう為、偏平足や開帳足になってしまう人も多いようです。
このような状態になってしまうと、更に外反母趾が悪化してしまう恐れがあります。
悪化させない為にも治療が必要となってくるのです。

スポンサードリンク

ご存知のように外反母趾というのは悪化してしまうと、歩行が困難な病気です。
ですから、そうなる前に治療を行う必要があるのです。

その為に「足底板」という足の下に敷く装具というものがあるのです。
この足底板を装着する事によって、部分的に足の裏を圧迫したり緩めたりする為、重心を変える事ができるのです。

足底板を装着する際には注意しなければいけない事があります。

それは、通常のインソールを入れる時と同じように、靴の大きさと深さに合わせて選ばなければいけないという事です。
その点を注意しなければ足底板を入れる事で逆にきつくなってしまうと意味がありません。
ですから、足底板を入れる事を前提とした靴を購入した方が良いでしょう。

足底板を利用した治療法なら、靴に入れるだけだから簡単だと思われるかもしれませんが、これは自分の体重を利用した治療方法となります。
つまり、体重が重い場合その分矯正する力も強くなってしまうので、その点を頭に入れておく必要があります。

この足底板を利用した治療方法を行う事によって、最初の頃は辛いと思いますが頑張って続けていくことで、外反母趾が改善して歩く事が苦痛でなくなってくる事でしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

テープを使った外反母趾ケア
ケアテープというものが多く販売されていますが、このテープによって足裏のバランスを......
バランスケアテープで外反母趾治療
ケアテープを使用して足裏のバランスをとるという外反母趾治療に効果的な方法がありま......
外反母趾へストッキングの影響
ストッキングと聞くとOLの方々が履いているものというイメージがあります。 それ以......

▲このページのトップへ